円満退社のための退職届の書き方

退職願を書く

あなたが退職を決意したら、まず退職願を準備する必要があります。しかし、ただ退職願を提出するだけでは退職手続きが完了するわけではありません。転職の前に、今の会社に退職することを伝えて、余裕をもって引き継ぎ業務をする必要があります。

退職願とは?

退職願とは会社に退職の意思があることを伝える書類です。
退職したいと上司に伝えるもので、その後に会社との話し合いを行い
双方納得すれば退職することができるわけです。
なので、上司に退職願を提出したからといって
退職が決定したわけではありませんので注意しましょう。

退職願は市販の白無地の便せんに手書き、縦書きが基本です。
その際黒の万年筆やボールペンを使って書きましょう。

退職願の見本

書き方のポイント

見出し

書き出しは、行の一番下から始めます。「私事」ではなく「私は」「私議」でもOKです。

退職理由

理由については「一身上の都合により」と書きます。特に退職理由を書く必要はありません。

退職日

退職日は必ず書いてください。年月日の表記は、西暦ではなく年号で記入します。

届日年月日

退職願を書いた日ではなく、上司に提出する年月日を記入します。こちらも年月日は年号となります。

所属部署名

自分の正式な所属部課名と名前を書き、捺印(認印でOK)も忘れずに押します。

宛名

宛名は、会社の最高責任者、つまり、社長の名前を書きます。社長の名前は、自分の名前より上になるようにバランスを取って書きます。 敬称は「殿」です。

退職願を書きあげたら、市販の白無地の封筒に入れて提出します。
封筒には、表に「退職願」と書き、裏には、自分の部署名と名前を記入します。

退職願を提出

あなたの退職する意思が決まったら退職願を提出します。
提出する相手は直属の上司です。もし直属の上司がいなければ
直接社長に提出します。退職願には退職日を忘れずに書くようにしましょう。
また、会社によっては退職願の書式が決まっているところがありますので
提出する前に確認してから、提出するほうがよいでしょう。

退職願を提出する時期

規定では、退職を申し出てから2週間経過すれば辞められることになっています。
しかし、普通は、会社の就業規則にのっとって提出時期を決めます。

就業規則は、ほとんど希望退職日の1~2カ月前までに提出するよう定められています。

引継ぎなどもありますので退職日の2ヶ月前くらいに、
上司に退職することを伝えたほうがよいでしょう。
それから、上司と相談して「退職願」を提出する時期を決定します。

退職願の提出方法

退職後を考える

退職願の宛名は社長ですが、提出する相手は直属の上司になります。ここを間違える方が多くいますので、間違えないでください。

まず直属の上司に、「お話したいことがあるのですが」などと持ちかけて直接上司に退職願を提出します。そのときに必ず退職理由を聞かれますので、あなたの本当の気持ちを上司にぶつけましょう。

本当の気持ちを言いにくい場合は「転職先が決まった」、
「実家の家業を継がなければならない」など
前向きな理由を答えましょう。

私の場合は「ボーナスがないので正社員になっている意味がない」、
「待遇が悪い」など本当の気持ちをぶつけました。これでかなりスッキリしました。
ここで本当のことを言わないと、残っている社員の待遇が改善されないと思ったからです。

また、上司は「待遇を改善する」など引き止めてきますが、退職を決意した以上は
強い態度で退職交渉したほうがよいでしょう。
もし気持ちが曖昧だと、説得されて退職できなくなるからです。
退職交渉の際は、退職の意思が固いことを上司に伝えることが大切です。

退職までにやるべき事

退職までにやるべきことを考える退職願いを提出して、退職日が決まったら、次に今やっている仕事の引継ぎに入ります。

後任者の仕事状況も考えながら、余裕のあるスケジュールで行いましょう。引継ぎ方法としては仕事の流れやマニュアルなどを作成しておくのが基本です。

マニュアルには、退職してから質問がこないように細かく書いておきましょう。
ある程度引継ぎが終わったら机やロッカーなど私物の整理や
会社の備品などを返却しておきましょう。
有給の残りも確認し、消化しておきましょう。

早めに転職先を探す

転職先を探す転職を希望する人は、在職中になるべく早く転職先を見つけましょう。もし転職先が決まってなければ、退職日の3ヶ月前には転職活動を開始しておいたほうがよいでしょう。

なかには、在職中は忙しくて転職活動ができないという方もいると思います。その場合は転職支援サービスを利用しましょう。

転職支援サービスでは転職のプロがあなたのキャリアにマッチした求人を
紹介してくれるだけでなく履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策まで
無料で支援してくれます。

私もリクルートエージェントとパソナキャリアに登録しました。
在職中だったので、面接の時間を19時スタートに調整してもらい
非常に助かりました。

転職を考えている方は転職支援サービスに登録して
在職中になるべく早く転職先を見つけましょう。