職務経歴書について

職務経歴書は面接官にとってあなたを知る唯一のツールなのです。
とっても大切なものなのであなたの納得のいく職務経歴書を作りましょう。

職務経歴書作成のポイント!

1、見やすく簡単に!

  • 箇条書きで書く
  • 見やすくするため紙のまわりの余白は削らない
  • アピールしたいことは、マーカー線を引く
  • 字のサイズは10.5以下にしない。

2、人事担当者の立場で!

  • 職務経歴書を見る人事担当者の視点に立って作る。
  • 職務経歴書に目を通す時間はかなり短い
  • 経験者でなくても分かる言語を使用する。

3、1~2枚にまとめる!

  • 職務経歴書は1~2枚にまとめる、多くても3枚までに
  • 人事担当者に自分が伝えたいことより、人事担当者が知りたいことを書く

職務経歴書を書く前に気をつけること

まず、自分の今までの経験、職歴などを以下の手順で書き出してみましょう。

  1. 経験したこと
  2. そこから何を感じたか
  3. それによってどう行動してきたか

自己PR欄

人事担当者が知りたいのは、極論で言うと

「何ができる人なのか?」
「将来どんなことがしたいのか?」

の2点だけです。この2点の十分な情報を相手に与えることがポイントです。

ですから重要となるのが
「自己PR」と「将来やりたいこと」です。

「自己PR」は自身の特徴としてアピールできそうなものを取り上げてください。

「将来やりたいこと」は自身のキャリア、スキル、志望動機を考慮してかきだしてみて、説得力のある内容にしあげましょう。

それでは自己PRを書くための題材として

  • 独自の工夫
  • 売り上げ実績、顧客数
  • 受賞暦やヒット商品に関わった経験
  • 今まで職務経験で喜びを感じたこと
  • 仕事の上で大切にしていること価値観
  • 長年の間興味関心をもっていること

ウソや過度な表現は禁物ですが、PRですから謙遜する必要はありません。

例その1(自己PR)

主に個人向けの住宅の営業を行ってきました。

個々の見込み客との綿密なコミュニケーションで信頼を獲得。
昨年度は見込み客からの契約率は全社平均の2倍の実績(120名中10位)をあげることができました。

これまでの経験を活かし、お客様のニーズとして高まったトータルプランに対する提案ができるよう「お客様に満足してもらう」を常に意識して結果、成果に繋げて御社の発展に貢献したいと考えております。

例その2(将来のキャリアプラン)

私は子供の頃から大好きな服を通して、世の中に貢献していきたい思いがあり、この業界に入りました。今後はこれまで培ってきた営業の経験を通してより応用力のあるものにブラッシュアップしていきたいと思います。

またそれと並行し、これまであまり出来ていなっかた若手の
指導も積極的にかかわり、マネージメント力や指導力をつけ、5年後には営業でマネージメントするようなポジションを目指します。さらには、マーケティングの見識を深め、10年後にはプロダクトの企画から営業まで統括できる力をつけ、業界の発展により大きな貢献をしていけるようになりたいと思います。

まとめ

そもそも職務経歴書を書く目的は
≪人事担当者に会ってみたいと思わせることです。≫

ではどうやったら会ってみたいと思わせるかといいますと・・・

中途採用の場合は新卒と違い既に「この仕事をしてもらう人」とはっきり決まっています。要は向こうの求めてる人に合致すれば採用となるわけです。