転職で成功するために抑えておくべき4つのポイント!

1.転職で失敗する人の特徴

まず転職に臨む姿勢について考えてみましょう。
転職をすることは、人生において、大きなターニングポイントとしての意味を持ちます。

ただ、それが自分にプラスになるのか、マイナスになるのかは、どういった姿勢で転職に臨むかによっても異なってきます。
転職をめぐる状況は、ここ数年で、大きく変化し、大学や大学院の社会人コースで実力を磨き、転職に備えるという人が増えています。また、倒産やリストラが若い世代にまで及び、予期せぬ転職に迫られるというケースも少なくありません。

どういった理由での転職であれ、自分のライフプランをきちんと定めていれば、具体的な転職活動の方向性は明確になります。転職で失敗するのは、給料が安い、仕事が面白くない、職場の人間関係が悪いなど、後ろ向きの転職には、明確な目的がありません。つまり、「どんな人生を歩みたい!」という積極的な理由がない転職は、どこの会社に転職しても、また同じことを繰り返すことになります。

また、ドラマの影響や憧れや思いつきで転職する場合も、同じような結果になることが多いです。自分の好みや適性に合った職業を選び、豊かな人生を送れる社会を実現していこうというのが、1番ベストな転職ではないでしょうか?どちらにしても、自分のライフプランを組み立てることは、よりいっそう重要になります。この機会に、是非ライフプランを組み立てましょう。

2.転職する前に自己分析をしよう

新卒者の就職協定が廃止されて以降、
就職活動の成否のカギを握る最も重要なキーワードとなっているのが「自己分析」です。これは、断言できます。

自分にとってよい会社や仕事を見つけるには、自分が興味のある分野や将来の夢、学生時代にどんなことを勉強したり経験したりしたのかなどをきちんと把握することが必要になってきます。

自分の興味や関心に合わない仕事や会社を選んで就職や転職をしても、つまらない思いをする可能性が高いので、自己分析をし間違った就職をしないための準備を万全にして就職活動を進めましょう。

自己分析が大切なのは、新卒者だけでなく、転職希望者にとっても、自己分析ができているかどうかは成功のための最大のポイントです。転職を考えている人は、1度仕事選びに失敗していますので、次の仕事を探すときには、

「自分は何を重視して、何をしたいのか?」
「自分は仕事を通して何を実現したいのか?」

を真剣に考えて客観的に見つめ直すことが何よりも重要なのはいうまでもありません。先ほど述べたように、自分のライフプランを持っている人なら、自己分析もきちんとできるので、同じ間違いは繰り返さずに済みます。

転職とは、誰かの意見や情報に左右されるのではなく、自分自身のこれからの生き方を自分の意思で決めることである。そのためには、目先のイメージや人気に惑わされた、安易な転職などはできないはずです。

つまり、転職は自分自身の価値観、職業観、人生観を改めて自問自答する「自分探し」の側面も持ち合わせています。自己分析をすれば、本当に転職する必要があるのか、転職しようと考えている仕事や会社が自分にとって最善のものかどうかがわかります。

そのために、「自己分析チェックシート」を作ってみるといいと思います。例えば、自分の長所や短所、趣味や興味のあること。事務系が向いているのか?営業職が向いているのか?など自問自答してみましょう。

3.どんな仕事があるのか理解する

一昔前では職業の選択余地は少なかったのですが、インターネットの普及により多くの産業が誕生しました。転職活動に臨む前に、現在、日本ではどんな職業があるのか見てみましょう!

業界・職種別に詳しくわけていますのでご覧下さい。(「こんなに仕事があるの?」と驚かれることだと思います。)

営業・事務・企画系には以下のような職種があります。

営業、代理店営業、渉外
テレマーケティング、カスタマーサービス
企画、マーケティング、宣伝、MD、バイヤー
資材、購買、貿易、物流、店舗開発
経営企画、事業統括、新規事業開発
財務、会計、経理
総務、人事、法務、知財、広報、IR
事務、アシスタント、受付、秘書
管理職、エグゼクティブ

サービス・販売系には以下のような職種があります。

小売、外食、アミューズメント関連
理美容、エステ関連
旅行、ホテル、ブライダル関連
運輸、配送、倉庫関連
警備、清掃、設備管理関連

クリエイティブ系には以下のような職種があります。

広告、グラフィック関連
出版、印刷関連
映像、音響、イベント、芸能関連
インターネット関連
ゲーム、マルチメディア関連
ファッション、インテリア、工業製品関連

コンサルタント・金融・不動産には以下のような職種があります。

ビジネスコンサルタント、シンクタンク関連
専門コンサルタント関連
金融関連
不動産、プロパティマネジメント関連

ソフトウェア・ネットワークには以下のような職種があります。

コンサルタント、アナリスト、プリセールス
システム開発(Web・オープン系)
システム開発(汎用機系)
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)
パッケージソフト・ミドルウェア開発
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)
運用、監視、テクニカルサポート、保守
社内情報システム、MIS
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか

電機・電子・機械には以下のような職種があります。

回路・システム設計
半導体設計
制御設計
機械・機構設計、金型設計
光学技術
生産技術、プロセス開発
品質管理、製品評価、品質保証、生産管理
セールスエンジニア、FAE
サービスエンジニア
研究、特許、テクニカルマーケティングほか

素材・商品・メディカルには以下のような職種があります。

素材、半導体素材、化成品関連
化粧品、食品、香料関連
医薬品関連
医療用具関連
医療、福祉サービス関連

建築・土木には以下のような職種があります。

プランニング、測量、設計、積算
施工管理
技術開発、構造解析、特許、その他

教師・公務員には以下のような職種があります。

教育、インストラクター、通訳、翻訳
公務員、団体職員
技能工
農林水産関連職
その他

4.雇用形態の違いを理解しよう

「働く」といっても雇用形態が様々です。ここでは、雇用形態の利点・欠点などの違いを見てみましょう!

正社員

正社員(せいしゃいん)とは、正規雇用で企業に雇われた、従業員籍を有する労働者の事です。正規職員ともいわれます。会社員とは、主に正社員の事を指し、総合職・一般職の区別はありません。

アルバイトや派遣社員、契約社員と言ったいわゆる非正規雇用で雇われた非正社員と区別するために用いられる言葉です。企業や業界によってはプロパーとも呼ばれています。

正社員の大きな特徴は雇用期間を定めず、定年まで雇われる傾向が強いですが、現在では終身雇用制度の崩壊により安心できません。

契約社員

契約社員(けいやくしゃいん)とは企業などと有期の期間での雇用契約を結んで職務に従事する労働者のことを言います。期間契約社員、期間社員、有期間社員、期間従業員などともいいます。
契約社員の特徴は、交通費や社会手当などは、正社員などとほぼ同様ではありますが、退職金などの支払いは発生しないケースが一般的です。
また、正社員などと異なり、継続的な雇用が保障されていないため、企業の業績などにより、アルバイト、派遣社員に次いで雇用不安を持っています。

派遣社員

人材派遣(じんざいはけん)とは、主として労働者派遣を意味する用語で、これを行う業のことを人材派遣業といいます。派遣社員とは、派遣事業主と雇用契約を結び、派遣事業主以外の事業主(工場など)の派遣されて働く労働者のことです。

派遣社員の最大のデメリットは、安定していないことでしょう。期間ごとの雇用契約になりますので、いつ企業の方から終わりを言われるかわかりません。

また、給料面に関してもボーナスがありません。今では、派遣社員も増えましたが団塊の世代の方には、なかなか受け入れられない現状です。

アルバイト

アルバイト(独語からの外来語: Arbeit)は、就労形態の一種で、多くの場合正社員と比べて短期間かつ低賃金となる傾向が強く、また一般的には期間の定めのある契約に基づき雇用される従業員を指します。日常会話などではバイトと略されています。
短期アルバイトなど、働きたい時に働けますので学生に多いですが、正社員以外のアルバイトやパートタイマーなど)で生計を立てているフリーターの人口も急激に増えています。

パート

パートは、期間契約労働者の一種で、厳密な定義はなく、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)では「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者よりも労働時間が短い労働者」とされています。

企業の現場では、パートとアルバイトを厳密に区別していない場合があります。一般的に、正社員と比べ労働時間が短く、時間あたりの賃金が安い傾向があります。