就職活動のポイント

就職活動能力を上げるには

本命の求人で採用をもらうには、就職活動能力を上げる必要があります。そのためには、普段から積極的な活動をすることが大切です。
具体的には 、多くの求人媒体をこまめにチェックするとともに、それほど気が進まない求人でも積極的に応募してみることが良いです。
その主なメリットを以下に挙げます。

応募書類の作成能力が上がる

作成・修正を繰り返すことで、どんどんと良い応募書類になっていきます

良い面接応対が段々とできるようになる

実戦を重ねることによって場慣れするとともに、反省点の洗い出しができます

良い職場に出会える可能性が広がる

気が進まない求人でも実際に足を運んでみると、良い職場だったということがあります

社会勉強になる

面接官によっては、その業界の裏話を聞けることがあります

普段からの積極的な活動で就職活動能力を上げ、他の応募者と差を付けましょう。

就職面接のポイント

就職の面接は難しいものです。なぜなら、対応に絶対的な正解がないからです。
例えば、各面接で仕事に対する情熱を同じように伝えた場合、気に入ってくれる面接官もいれば、軽く受け流す面接官もいます。また、出されたお茶に手を付けなかった場合、「慎ましい」と思う面接官もいれば、「せっかく出したのに」と思う面接官もいます。
このように、就職の面接はケースバイケースであるため難しいのですが、成功させるための基本はあります。

そこで、基本としてどのような対応を心がける必要があるかを以下に挙げます。

自分らしさを発揮する

マニュアルそのままの受け答えでは、面接官の印象には残りません

自信を持って答える

自分が「できる」と思うことは、遠慮せずに自信を持って答えましょう

面接官に対し感謝の気持ちを持つ

自分のために時間を取ってくれた面接官に対し、感謝の気持ちを持って接しましょう

面接で良い結果を出すためには、普段から積極的に面接の機会を作り、反省点を洗い出して修正していくことが良いです。
そうすれば、おのずと面接力が身に付いてくるので、他の応募者より有利な展開に持っていくことができます。

全体的には、「積極的な行動」が何より重要です。
あらゆる媒体でいろいろな求人を探し、積極的に応募して希望の仕事を手に入れましょう!