職務経歴書について

職務経歴書は面接官にとってあなたを知る唯一のツールなのです。
とっても大切なものなのであなたの納得のいく職務経歴書を作りましょう。

職務経歴書作成のポイント!

1、見やすく簡単に!

  • 箇条書きで書く
  • 見やすくするため紙のまわりの余白は削らない
  • アピールしたいことは、マーカー線を引く
  • 字のサイズは10.5以下にしない。

2、人事担当者の立場で!

  • 職務経歴書を見る人事担当者の視点に立って作る。
  • 職務経歴書に目を通す時間はかなり短い
  • 経験者でなくても分かる言語を使用する。

3、1~2枚にまとめる!

  • 職務経歴書は1~2枚にまとめる、多くても3枚までに
  • 人事担当者に自分が伝えたいことより、人事担当者が知りたいことを書く

職務経歴書を書く前に気をつけること

まず、自分の今までの経験、職歴などを以下の手順で書き出してみましょう。

  1. 経験したこと
  2. そこから何を感じたか
  3. それによってどう行動してきたか

自己PR欄

人事担当者が知りたいのは、極論で言うと

「何ができる人なのか?」
「将来どんなことがしたいのか?」

の2点だけです。この2点の十分な情報を相手に与えることがポイントです。

ですから重要となるのが
「自己PR」と「将来やりたいこと」です。

「自己PR」は自身の特徴としてアピールできそうなものを取り上げてください。

「将来やりたいこと」は自身のキャリア、スキル、志望動機を考慮してかきだしてみて、説得力のある内容にしあげましょう。

それでは自己PRを書くための題材として

  • 独自の工夫
  • 売り上げ実績、顧客数
  • 受賞暦やヒット商品に関わった経験
  • 今まで職務経験で喜びを感じたこと
  • 仕事の上で大切にしていること価値観
  • 長年の間興味関心をもっていること

ウソや過度な表現は禁物ですが、PRですから謙遜する必要はありません。

例その1(自己PR)

主に個人向けの住宅の営業を行ってきました。

個々の見込み客との綿密なコミュニケーションで信頼を獲得。
昨年度は見込み客からの契約率は全社平均の2倍の実績(120名中10位)をあげることができました。

これまでの経験を活かし、お客様のニーズとして高まったトータルプランに対する提案ができるよう「お客様に満足してもらう」を常に意識して結果、成果に繋げて御社の発展に貢献したいと考えております。

例その2(将来のキャリアプラン)

私は子供の頃から大好きな服を通して、世の中に貢献していきたい思いがあり、この業界に入りました。今後はこれまで培ってきた営業の経験を通してより応用力のあるものにブラッシュアップしていきたいと思います。

またそれと並行し、これまであまり出来ていなっかた若手の
指導も積極的にかかわり、マネージメント力や指導力をつけ、5年後には営業でマネージメントするようなポジションを目指します。さらには、マーケティングの見識を深め、10年後にはプロダクトの企画から営業まで統括できる力をつけ、業界の発展により大きな貢献をしていけるようになりたいと思います。

まとめ

そもそも職務経歴書を書く目的は
≪人事担当者に会ってみたいと思わせることです。≫

ではどうやったら会ってみたいと思わせるかといいますと・・・

中途採用の場合は新卒と違い既に「この仕事をしてもらう人」とはっきり決まっています。要は向こうの求めてる人に合致すれば採用となるわけです。

転職失敗の事例

誤った選択はしないためにも確固としたビジョンが必要です。
しかし、あせったり目先の利益を追い求めて、転職で失敗を繰り返す人が非常に多いです。
特に今は、転職するのも厳しい状況にあります。だからこそ、きちんと自分をみつめていないと、ムダな転職をしてしまいがちです。
「自己分析」が必要だと何度も説明する理由はここにあります。
では、実際の転職において、自己分析がどれだけ大切なのかを転職に失敗した人のケースを見てみましょう。

高収入目的のケース

Aさんは、将来独立希望で、その資金を貯めるために、とにかく給料の多い会社を優先し転職先を探し、ある販売会社に採用が決まりました。営業職ならとあまりこだわらなかったAさんが就いた仕事は、教材の電話営業でした。営業成績がそのまま給料に結びつく能力給制度だからと、Aさんは少し無理な営業トークを使ってでも成績を伸ばそうと頑張りました。

ところが、顧客からのクレームが発生したため、Aさんは自分のやっていることは大丈夫か、と悩み始め、その後も、消費者センターから問題のある会社だと指摘されて新聞にも載ってしまいました。結局、この事件をきっかけに会社は営業停止になり再び会社を辞めなければいけなくなり、Aさんは就職活動に励まなければいけなくなりました。

このAさんの失敗のポイントは、ズバリ「お金だけの優先」を行ってしまい仕事への目的意識がほとんどなかったからでしょう。給料が高い会社にはそれなりの理由がありますので好条件の場合は、しっかりと会社の調査を行いましょう。

安易な転職のケース

Bさんは、希望する職業があったにもかかわらず、周りが就職するから自分も、という安易な姿勢で就職を考え始めました。特に明確な目的を持っていなかったのですが、アルバイト先の社長に気に入られていたこともあって、そのまま、その会社に就職することが決まったのですが、3年が経過した今、Bさんは「このままでいいのかな…。」と疑問を抱き始めました。

そんな時に、知人から「ウチの会社に転職しないか?」と誘われていて、給料が今よりアップするのが魅力だったため転職を決意しました。しかし、この転職先では従業員のもめごとが多く辞めてしまいました。Bさんは、その後、転職した会社も長続きせず、今は自分を見つめ直しながら求職活動を頑張っているそうです。

このBさんの失敗のポイントは「とりあえず」という意識でしょう。給料面などの待遇も大事ですが、周りの意見に流されず自分をしっかり持ち、仕事にたいするビジョンを持つことが仕事選びのポイントでしょう。

会社選びを怠ったCさんのケース

編集志望のCさんは、新卒時には出版社には入社できず、大学に残ることも考えたが、結局、ほかの業種の会社に就職して製造業の仕事に就きましたが、何かと嫌なことが多く、ちょうどその頃、ある出版社の中途採用に応募したところ見事に合格し、前から、就職したいと思っていた出版関係に転職できました。

ところが、入社して一か月後、会社がさまざまな事業に手を広げ業績が悪化し、詳しい状況を聞くと、最近こうした状況に危機感を抱いた社員が次々と辞めていたためCさんが採用されたのでした。不安に思いながらも今の仕事を続けているCさんは、再転職すべきかどうか悩んでいるところだそうです。

このCさんの失敗のポイントは会社調査の不徹底でしょう。いくら自分のやりたい仕事であっても会社が倒産すれば意味がありません。会社の将来性や安定性を見た上で志望職種の会社に転職しましょう。

転職で成功するために抑えておくべき4つのポイント!

1.転職で失敗する人の特徴

まず転職に臨む姿勢について考えてみましょう。
転職をすることは、人生において、大きなターニングポイントとしての意味を持ちます。

ただ、それが自分にプラスになるのか、マイナスになるのかは、どういった姿勢で転職に臨むかによっても異なってきます。
転職をめぐる状況は、ここ数年で、大きく変化し、大学や大学院の社会人コースで実力を磨き、転職に備えるという人が増えています。また、倒産やリストラが若い世代にまで及び、予期せぬ転職に迫られるというケースも少なくありません。

どういった理由での転職であれ、自分のライフプランをきちんと定めていれば、具体的な転職活動の方向性は明確になります。転職で失敗するのは、給料が安い、仕事が面白くない、職場の人間関係が悪いなど、後ろ向きの転職には、明確な目的がありません。つまり、「どんな人生を歩みたい!」という積極的な理由がない転職は、どこの会社に転職しても、また同じことを繰り返すことになります。

また、ドラマの影響や憧れや思いつきで転職する場合も、同じような結果になることが多いです。自分の好みや適性に合った職業を選び、豊かな人生を送れる社会を実現していこうというのが、1番ベストな転職ではないでしょうか?どちらにしても、自分のライフプランを組み立てることは、よりいっそう重要になります。この機会に、是非ライフプランを組み立てましょう。

2.転職する前に自己分析をしよう

新卒者の就職協定が廃止されて以降、
就職活動の成否のカギを握る最も重要なキーワードとなっているのが「自己分析」です。これは、断言できます。

自分にとってよい会社や仕事を見つけるには、自分が興味のある分野や将来の夢、学生時代にどんなことを勉強したり経験したりしたのかなどをきちんと把握することが必要になってきます。

自分の興味や関心に合わない仕事や会社を選んで就職や転職をしても、つまらない思いをする可能性が高いので、自己分析をし間違った就職をしないための準備を万全にして就職活動を進めましょう。

自己分析が大切なのは、新卒者だけでなく、転職希望者にとっても、自己分析ができているかどうかは成功のための最大のポイントです。転職を考えている人は、1度仕事選びに失敗していますので、次の仕事を探すときには、

「自分は何を重視して、何をしたいのか?」
「自分は仕事を通して何を実現したいのか?」

を真剣に考えて客観的に見つめ直すことが何よりも重要なのはいうまでもありません。先ほど述べたように、自分のライフプランを持っている人なら、自己分析もきちんとできるので、同じ間違いは繰り返さずに済みます。

転職とは、誰かの意見や情報に左右されるのではなく、自分自身のこれからの生き方を自分の意思で決めることである。そのためには、目先のイメージや人気に惑わされた、安易な転職などはできないはずです。

つまり、転職は自分自身の価値観、職業観、人生観を改めて自問自答する「自分探し」の側面も持ち合わせています。自己分析をすれば、本当に転職する必要があるのか、転職しようと考えている仕事や会社が自分にとって最善のものかどうかがわかります。

そのために、「自己分析チェックシート」を作ってみるといいと思います。例えば、自分の長所や短所、趣味や興味のあること。事務系が向いているのか?営業職が向いているのか?など自問自答してみましょう。

3.どんな仕事があるのか理解する

一昔前では職業の選択余地は少なかったのですが、インターネットの普及により多くの産業が誕生しました。転職活動に臨む前に、現在、日本ではどんな職業があるのか見てみましょう!

業界・職種別に詳しくわけていますのでご覧下さい。(「こんなに仕事があるの?」と驚かれることだと思います。)

営業・事務・企画系には以下のような職種があります。

営業、代理店営業、渉外
テレマーケティング、カスタマーサービス
企画、マーケティング、宣伝、MD、バイヤー
資材、購買、貿易、物流、店舗開発
経営企画、事業統括、新規事業開発
財務、会計、経理
総務、人事、法務、知財、広報、IR
事務、アシスタント、受付、秘書
管理職、エグゼクティブ

サービス・販売系には以下のような職種があります。

小売、外食、アミューズメント関連
理美容、エステ関連
旅行、ホテル、ブライダル関連
運輸、配送、倉庫関連
警備、清掃、設備管理関連

クリエイティブ系には以下のような職種があります。

広告、グラフィック関連
出版、印刷関連
映像、音響、イベント、芸能関連
インターネット関連
ゲーム、マルチメディア関連
ファッション、インテリア、工業製品関連

コンサルタント・金融・不動産には以下のような職種があります。

ビジネスコンサルタント、シンクタンク関連
専門コンサルタント関連
金融関連
不動産、プロパティマネジメント関連

ソフトウェア・ネットワークには以下のような職種があります。

コンサルタント、アナリスト、プリセールス
システム開発(Web・オープン系)
システム開発(汎用機系)
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)
パッケージソフト・ミドルウェア開発
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)
運用、監視、テクニカルサポート、保守
社内情報システム、MIS
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか

電機・電子・機械には以下のような職種があります。

回路・システム設計
半導体設計
制御設計
機械・機構設計、金型設計
光学技術
生産技術、プロセス開発
品質管理、製品評価、品質保証、生産管理
セールスエンジニア、FAE
サービスエンジニア
研究、特許、テクニカルマーケティングほか

素材・商品・メディカルには以下のような職種があります。

素材、半導体素材、化成品関連
化粧品、食品、香料関連
医薬品関連
医療用具関連
医療、福祉サービス関連

建築・土木には以下のような職種があります。

プランニング、測量、設計、積算
施工管理
技術開発、構造解析、特許、その他

教師・公務員には以下のような職種があります。

教育、インストラクター、通訳、翻訳
公務員、団体職員
技能工
農林水産関連職
その他

4.雇用形態の違いを理解しよう

「働く」といっても雇用形態が様々です。ここでは、雇用形態の利点・欠点などの違いを見てみましょう!

正社員

正社員(せいしゃいん)とは、正規雇用で企業に雇われた、従業員籍を有する労働者の事です。正規職員ともいわれます。会社員とは、主に正社員の事を指し、総合職・一般職の区別はありません。

アルバイトや派遣社員、契約社員と言ったいわゆる非正規雇用で雇われた非正社員と区別するために用いられる言葉です。企業や業界によってはプロパーとも呼ばれています。

正社員の大きな特徴は雇用期間を定めず、定年まで雇われる傾向が強いですが、現在では終身雇用制度の崩壊により安心できません。

契約社員

契約社員(けいやくしゃいん)とは企業などと有期の期間での雇用契約を結んで職務に従事する労働者のことを言います。期間契約社員、期間社員、有期間社員、期間従業員などともいいます。
契約社員の特徴は、交通費や社会手当などは、正社員などとほぼ同様ではありますが、退職金などの支払いは発生しないケースが一般的です。
また、正社員などと異なり、継続的な雇用が保障されていないため、企業の業績などにより、アルバイト、派遣社員に次いで雇用不安を持っています。

派遣社員

人材派遣(じんざいはけん)とは、主として労働者派遣を意味する用語で、これを行う業のことを人材派遣業といいます。派遣社員とは、派遣事業主と雇用契約を結び、派遣事業主以外の事業主(工場など)の派遣されて働く労働者のことです。

派遣社員の最大のデメリットは、安定していないことでしょう。期間ごとの雇用契約になりますので、いつ企業の方から終わりを言われるかわかりません。

また、給料面に関してもボーナスがありません。今では、派遣社員も増えましたが団塊の世代の方には、なかなか受け入れられない現状です。

アルバイト

アルバイト(独語からの外来語: Arbeit)は、就労形態の一種で、多くの場合正社員と比べて短期間かつ低賃金となる傾向が強く、また一般的には期間の定めのある契約に基づき雇用される従業員を指します。日常会話などではバイトと略されています。
短期アルバイトなど、働きたい時に働けますので学生に多いですが、正社員以外のアルバイトやパートタイマーなど)で生計を立てているフリーターの人口も急激に増えています。

パート

パートは、期間契約労働者の一種で、厳密な定義はなく、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)では「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者よりも労働時間が短い労働者」とされています。

企業の現場では、パートとアルバイトを厳密に区別していない場合があります。一般的に、正社員と比べ労働時間が短く、時間あたりの賃金が安い傾向があります。

就職活動のポイント

就職活動能力を上げるには

本命の求人で採用をもらうには、就職活動能力を上げる必要があります。そのためには、普段から積極的な活動をすることが大切です。
具体的には 、多くの求人媒体をこまめにチェックするとともに、それほど気が進まない求人でも積極的に応募してみることが良いです。
その主なメリットを以下に挙げます。

応募書類の作成能力が上がる

作成・修正を繰り返すことで、どんどんと良い応募書類になっていきます

良い面接応対が段々とできるようになる

実戦を重ねることによって場慣れするとともに、反省点の洗い出しができます

良い職場に出会える可能性が広がる

気が進まない求人でも実際に足を運んでみると、良い職場だったということがあります

社会勉強になる

面接官によっては、その業界の裏話を聞けることがあります

普段からの積極的な活動で就職活動能力を上げ、他の応募者と差を付けましょう。

就職面接のポイント

就職の面接は難しいものです。なぜなら、対応に絶対的な正解がないからです。
例えば、各面接で仕事に対する情熱を同じように伝えた場合、気に入ってくれる面接官もいれば、軽く受け流す面接官もいます。また、出されたお茶に手を付けなかった場合、「慎ましい」と思う面接官もいれば、「せっかく出したのに」と思う面接官もいます。
このように、就職の面接はケースバイケースであるため難しいのですが、成功させるための基本はあります。

そこで、基本としてどのような対応を心がける必要があるかを以下に挙げます。

自分らしさを発揮する

マニュアルそのままの受け答えでは、面接官の印象には残りません

自信を持って答える

自分が「できる」と思うことは、遠慮せずに自信を持って答えましょう

面接官に対し感謝の気持ちを持つ

自分のために時間を取ってくれた面接官に対し、感謝の気持ちを持って接しましょう

面接で良い結果を出すためには、普段から積極的に面接の機会を作り、反省点を洗い出して修正していくことが良いです。
そうすれば、おのずと面接力が身に付いてくるので、他の応募者より有利な展開に持っていくことができます。

全体的には、「積極的な行動」が何より重要です。
あらゆる媒体でいろいろな求人を探し、積極的に応募して希望の仕事を手に入れましょう!