転職を成功させるための3つのポイント

あなたが一番大切にしていることを考える

転職するときに最優先に考えなければならないことは、
あなたがなにを一番大切にしているかということです。

  1. 収入がなにより大事
  2. 余暇がなにより大事
  3. 家族がなにより大事
  4. やりがいがなにより大事
  5. 人間関係の広がりが何より大事
    1. などさまざまな最優先事項があることでしょう。

      転職活動をしていると、あの企業にも行きたい、
      この企業もいいなぁと思うときがあります。そんなとき、あなたがなにのために転職をするのか、あなたの最優先事項を思い出してください。

      あなたの最優先事項をおそそかにして転職しても、そのにあるのは「後悔」の2文字だけです。

      1人で悩まないでだれかに相談する

      転職は1人で悩んでいてもなにも解決できません。
      まず行動しなければなにも始まりません。
      とはいってもいざ転職と思ってもなにから手をつけていいかわかりませんよね。

      そんなときに転職支援サービスのコンサルタントに相談するのです。
      コンサルタントって聞くと高額な相談料を取られそうですが、
      当サイトに掲載されている転職支援サービスを利用すれば無料で相談できます。

      なぜ無料で相談できるのかというと、転職支援サービスのコンサルタントは
      あなたが転職に成功することで転職先から成功報酬をもらいます。

      あなたが転職に成功しないと報酬が入らないので、
      コンサルタントの方も誠心誠意あなたに協力してくれます。

      コンサルタントはあなたの希望や適性に合う企業を探してくれるだけでなく、
      応募書類の書き方や面接対策も行ってくれますので
      初めての転職者でも安心して転職活動ができるのです。

      さらに面接日時の調整や、年収、入社後の待遇交渉まで、「正直自分では言いづらいな」と思うことでもコンサルタントが代行してくれます。

      またコンサルタントに相談して転職はしなかったが、今後のやるべきことがはっきりしたという体験談もありました。転職する気がなくてもコンサルタントに相談することで、あなたの今後の方向性が見えてくるかもしれません。

      登録する転職支援サービスを1つに絞らない

      転職成功の最大の要因は、担当するコンサルタントによるものが大きいです。

      担当コンサルタントの経験、企業との交渉、業界精通力など
      あなたの転職が成功するかに大きく関わってくるのです。

      コンサルタントの善し悪しは担当になってからでないとわかりません。
      しかし、体験談や口コミなどを利用して、良いコンサルタントがたくさんいる
      転職支援サービスを選ぶことができます。

      複数の転職支援サービスに登録するメリットは、
      コンサルタント以外にもう1つあります。

      1つの転職支援サービスだけしか登録していないと、
      そこの求人情報しか知ることができません。

      なので転職支援サービスを1つに限定してしまうと
      求人していることすらわからないのです。

      しかし、複数の転職支援サービスに登録すれば、
      各社転職支援サービスが扱っている求人を
      知ることができ、さらに比較することもできるのです。

      こういった事情から、転職サービスを1つだけに絞らず、できるだけ多くの転職サービスに登録し、転職のプロのアドバイス受けたり、相談をすることが転職を成功させる近道です。

      当サイトに掲載されている転職支援サービスの登録はすべて無料です。あなたの転職を成功させるためにも複数の転職支援サービスに登録することをオススメします。

履歴書の書き方

履歴書の書き方1つで書類選考突破率が上がるのをご存知ですか?
履歴書はただ経歴を羅列するだけの書類ではありません。
提出履歴書を担当者に読んでもらわなければ面接を受けることができません。

ここに書いてある8個のポイントを実践するだけで担当者に印象づける
履歴書が書けるようになり、確実にあなたの書類選考突破率が上がります。

履歴書の基本

黒か紺のボールペンで書く

履歴書は基本的に直筆で書きましょう。黒か紺の万年筆かボールペンで書き、赤や緑などの色は使ってはいけません。

万年筆で書く人はなかなかいないので担当者にインパクトを与えるとともに上品なイメージを持たせることが出来ますので本当に入社したい企業の場合には
黒の万年筆で書くことをオススメします。

間違えても修正液、修正テープは絶対に使わない

修正液を使ってしまうと担当者に手抜きだと思われることがありますので
間違えたら仕方ないですが最初から書き直しましょう。
書き間違えたくない方は鉛筆などで薄く下書きすることをオススメします。

1字1字丁寧に書く

字の上手下手は人それぞれなので仕方ありません。
字が下手だからと理由で不採用になることはありません。
ですが字が上手なほど有利なのは事実です。

字が上手な履歴書は仕事や勉強が出来そうなイメージを
持たせてくれるからです。また字が上手だと読みやすいと言う利点があります。

しかし、字が下手でも悲観することはありません。
字が下手な方でも1字1字丁寧に書き、字を詰めすぎない、
適度な余白を持たせるなど、担当者がわかりやすく、
読みやすくすればいい印象を与えることが出来るでしょう。

空欄を作らない

空欄がありすぎると担当者から本当にやる気があるのかと思われます。
それでも書くことがないと言う方は用紙の選び方を考えましょう。
特に志望動機、自己PRを空白にすると書類選考はまず通らないです。

実印を使う

履歴書は公文書です。なのでシャチハタ印を使うことは避けましょう。
なるべく実印を捺印した方がいいでしょう。

よく履歴書を書き終えて最後に印鑑を押すときに緊張して歪んだりしますので、
なるべく印鑑は最初に押すことをオススメします。

日付

日付は履歴書を書いた日付ではなく、面接で持っていく場合は提出する日付、
郵送の場合は投函する日付を書きましょう。

日付を書き間違えても、担当者はあまり気にしていませんが
万全を期するために間違えないようにしましょう。

連絡先

現住所と同じであれば連絡先は時に書く必要はありません。

ここで注意しなければならないのが現在の勤務先を連絡先にすることです。
冷静に考えればそんなことをする人はいないと思いますが、実際に
社会人経験の少ない人など書かないといけないと思い書いてしまうことがあるのです。

これは担当者によりますが大きなマイナス評価になることでしょう。
マイナス評価にならなくてもプラス評価には絶対になりませんので
注意してください。

また実家を連絡先にする人もいると思いますが、この場合は必ず家族に連絡し、
企業からの連絡を受けても失礼がないようにしておくことが大切です。

今の時代、担当者が携帯電話に直接連絡してくることも珍しくありません。
履歴書に携帯番号を書く欄がなければ、空白を見つけて携帯番号も
書いておくことをオススメします。

用紙の選び方

まずは用紙です。あなたは用紙をちゃんと選んだことがありますか?コンビニで済ましたいませんか?

用紙といっても学歴、職歴を書く欄が広いものや、転職者用に退職理由を書く欄が広いもの、フリーターのためのアルバイト用など、何種類も存在します。

その中であなたのあった用紙を選ばなければなりません。アルバイトなら
コンビニで売っている用紙でもかまいませんが、転職する場合は
退職理由を書く欄があるものや、資格・スキルを書く欄があるものがよいでしょう。

あなたにあった用紙を選ばなければ、空白になったり、余白が目立ったりして
あなたが不利になりえるのです。なので用紙を選ぶ際は、なるべく
大きな文房具屋に行って、どれが自分にあっているか考えなければなりません。

用紙の選ぶポイントとしては、あなたのアピールしたい
項目があるかが重要です。志望動機でアピールしたいと言う方は
志望動機の記入欄が広いものがよいでしょう。

また資格や免許でアピールしたい方は資格・免許の記入欄が広いもの。
転職をされる方は、退職理由の記入欄があるのもなど、
購入する前にすべての記入欄を書くことができるか考えて、
書けそうだと思えば、あなたに合っている用紙だといえるでしょう。

写真の選び方

履歴書に貼る写真は必ずいい写真を貼りましょう。

本当にこの企業に就職したい、転職したいと思っている人は多少手間や費用がかかっても、プロのカメラマンに撮ってもらうほうが表情、角度、姿勢などいろいろアドバイスしてくれますのでスピード写真やカメラ屋さんの写真より格段にいい写真が撮れるのです。

担当者は写真の表情で、その人のことをイメージします。
なので写真の出来1つで履歴書の印象も変わってくるのです。

例えば、明るい表情で写真に写っていたら、
元気があり性格は明るそうと思われるかもしれません。
そう思われれば履歴書に書いてあることも
あなたをイメージしながら見るのでプラスに評価されるのです。

また背景色やフレームの色を変えるだけでも写真の印象が大きく
変わってきます。基本的には白、グレー、青の三色ですが、
カメラマンにさまざまな色で撮ってもらいあなたに合った色を
カメラマンと相談して選ぶとよいでしょう。

そして何より重要なのが顔の表情です。人間笑顔が一番印象がいいのですが、
履歴書では笑顔は禁止です。なので自然な笑顔で撮るように心がけましょう。

口元をちょっと上にあげるだけで自然な笑顔になります。
あとあごを引いて、目を大きく開けることです。
これだけでもずいぶんと印象がよくなります。

担当者に良い印象を与えるコツ

【男性】

髪型は耳にかからない程度で前髪は眉毛までにすること。
茶髪、ボサボサ頭は、ほぼ書類選考で落ちますので厳禁です。
スーツは黒か紺などの濃い色にし、ワイシャツは白、ネクタイは柄物を避ける。

【女性】

髪が長い場合は耳より上の位置でアップスタイルにし、
肩にかからないようにしましょう。
服装はスーツかジャケットに白のブラウスを着用しましょう。
ピアス・アクセサリー類は厳禁です。
またパーマ・茶髪はしないほうが無難です。

学歴・職歴欄の書き方

1行目の真ん中に「学 歴」と記入します。「学」と「歴」の間は1文字分空けて記入します。

小学校・中学校の義務教育は卒業年次だけ記入し、高等学校、専門学校、短期大学、大学などは入学年次と卒業年次の両方を書きます。

学校名を書くときは略さずに正式名で記入するようにしましょう。

【記入例】

○○県○○市立○○高等学校 ○○学部 ○○学科 卒業

「高等学校」と「学部」の間を空けると見やすくなるのでオススメです。
さらに専門学校や大学卒業の場合は「卒業論文」や「研究テーマ」なども
一緒に書くことで担当者にアピールすることができます。

【学歴・例】

学  歴

昭和55年 3 ○○県○○市立○○小学校 卒業
昭和58年 3 ○○県○○市立○○中学校 卒業
昭和58年 4 ○○県立○○工業高等学校 機械科 入学
昭和61年 3 ○○県立○○工業高等学校 機械科 卒業
昭和61年 4 ○○専門学校 ○○学科 ○○コース 入学
平成 2年 3 ○○専門学校 ○○学科 ○○コース 卒業
研究テーマ「エコをテーマにしたシステム開発」

同じ学校名でも「同上卒業」といったような略して書くことは厳禁です。

職歴の書き方続いて職歴ですが、学歴の最後の行から1行あけて真ん中に「職 歴」と書きます。
会社名や株式会社も略さずに正式名称で書き、アルバイトやパートの経験でも応募する企業に関係のある場合は書いて積極的にアピールしましょう。

【職歴・例】

職 歴
平成2年 4 株式会社○○開発 入社
・ソフトウェア部に配属 社内研修で電話帳管理システムを開発 
平成2年 6 株式会社○○へ派遣され、デジタルカメラ開発業務に携わる 
平成4年 3 株式会社○○での業務終了
・帰社し新人の指導、教育を行う
平成6年 3 一身上の都合により退社
平成6年 4 ○○株式会社 入社
・システム開発部に配属 物流システムの開発業務に携わる
平成18年 2 現在に至る

賞 罰 
なし
以上

職歴は自分がやったこと、経験したことなどを一緒に書くと
読み手にとってわかりやすくなり、よい印象を与えることができます。
なるべくわかりやすく簡潔に書くことがポイントです。

職歴の場合は単に入社(退社)した会社を羅列するのではなく、会社の
事業内容と規模などを書き添えると読む者に親切な印象を与えることができます。

また自己都合で退職した場合は「一身上の都合で退社」と書き、
倒産やリストラの場合は「会社の都合で退社」と書きましょう。
倒産やリストラで退職したほうが、自己都合より優遇されることが多々あります。

「一身上の理由で退社」とする場合は「自己都合で退職」したと
いう表現です。会社の倒産、リストラなどでやめざるを得なかった場合は
「会社都合により退社」と記入し、やむをえない退職だったということを
強調することが大切です。

最後に賞罰ですが、「賞」とはスポーツや文化活動などで表彰を受けた
場合に記入します。スポーツなら全国レベルでの入賞、文化活動なら
人命救助による警察庁長官賞などあればどんどん書いていきましょう。

「罰」は、「1年以上の懲役又は禁固の刑に処せられた」場合は、
それを書かないと経歴詐称になってしまいます。経歴詐称が後に
判明すれば、りっぱな解雇理由になりますので注意してください。

特に金融系や上場企業などは「罰」に過敏なところがあります。
なのでそれらの企業に応募する場合は、特に「罰なし」ということを、
確実に記入することが大切です。

資格・免許の書き方

あなたの保有している資格、取得した免許は基本的にすべて記入しましょう。

応募する企業に直接関係なくても記入することで上昇志向が強い、好奇心旺盛だと思われ好印象を得られます。

滅多にありませんが面接時に担当者が同じ資格や免許を持っていると
それだけで親近感がわき、面接での会話がスムーズにいく場合もあります。

資格を記入するときは正式名で書きます。

【資格欄記入例】

○普通自動車第一種運転免許取得

資格・免許が多い方はなるべく資格・免許の記入欄が広い用紙を選びましょう。
書く順番としては応募する企業に関係のある資格や免許から書いていきます。
また勉強中の資格や免許があれば、資格取得のため勉強中と
書いておけばプラス評価になることは間違いないでしょう。

ただし英検、簿記や珠算などの3級はほとんどプラスの評価は
得られないので注意してください。例えば、外資系の企業を受けるのに
英検3級と書いてしまうと逆に評価を下げてしまうことがあります。
なのであなたの応募する企業に合わせて書くことも重要です。

資格・免許はあなたががんばった証拠になります。企業側からしてみれば
日々自分を高めている人は、当然ほしい人材です。何も資格がない人でも
今からでも遅くはありません。資格・免許の勉強を始めることが後々プラスの
評価となって自分に返ってくることでしょう。

好きなスポーツや学科、趣味、特技の書き方

趣味や特技の欄で採用に左右されることはほとんどありません。ですが「特に無し」とか空白は絶対にいけません。

担当者もここを読むことであなたのことを知ろうとするのです。この欄を上手に書くことで面接での会話が弾むこともありますので手を抜かず書くことが大事です。

あなたの趣味・特技が映画鑑賞、野球だったとしても
だた「映画鑑賞、野球」と書いても担当者は興味を持ってくれません。
空白よりマシですが、ちょっと工夫することで興味を持たせることが出来るのです。

【映画鑑賞】

アクション映画が好きで、月に2回は映画館に行き、ビデオも
月に5本は見ています。

【野球】

小・中・高と野球をしたことにより体力がつきました。
今では草野球チームのキャプテンをしてチームを引っ張っています。

ちょっと工夫して書くことによって担当者はリーダーシップがあり、
体力があるので残業もなんなくこなしてくれそうだと思うかもしれません。
このように担当者はあなたをイメージすることができ、興味を持ってくれます。

自分には自慢できる趣味、特技なんてないと思わず必ず誰にでも
趣味、特技はありますので自分を見つめなおしてみましょう。
それでも見つからないときは友人や家族に聞いて見ると
自分では気づかなかった趣味や特技が見つかるかもしれません。

趣味や特技がたくさんある方は本当に好きなことを書けるだけかいて
その中から担当者が目を引きそうな趣味や特技を書いてみましょう。

健康状態と性格欄、扶養家族、通勤時間、その他の書き方

健康

日本の企業は障害者や病気を抱えている人に対して採用を見送る傾向があります。

そういった傾向は年々減ってきていますが、先進国の中ではまだまだ遅れています。特に転職者の場合においてはどんなに高いスキルを持っていたとしても健康状態が悪ければ採用を見送られてしまいます。

なので高血圧であったり不整脈があったとしても直接業務に支障がなければ良好と記入していたほうがよいでしょう。また健康に自信がある人はここでもアピールしておきましょう。

・良好(健康には気を使っており、手洗いうがいを欠かさず行っています)
・きわめて良好(ここ数年間病気になっていません)

このように書くことで担当者にアピールすることが出来ます。

性格

自分の長所、短所がしっかりわかっていればすらすら書くことが出来ますが
長所、短所は自分では見えないことが多いです。
家族や友人などに聞いてみると自分の長所、短所が見えてくるかもしれません。

友人からは社交的だとよく言われます。居酒屋で隣の席に座った見知らぬ人と
いつの間にか仲良くなって今では飲み友達になっています。

困っている人を見過ごせない性格で、街頭で募金活動をやっているのを見ると
必ず募金をしてしまいます。

扶養家族

扶養家族の欄は企業にとって給料の支払い、税金など重要なことなので、
気を抜かずにしっかりと書きましょう。扶養家族の数は、あなたが
扶養している人数を書きます。1人もいない場合は「0」と記入します。
空白は絶対にダメです。

通勤時間

基本的には自宅から会社までの所要時間を書きます。これも通勤経路を
書く欄があれば必ず書いておきましょう。企業によっては交通費を気にする
場合もあります。あまりにも遠すぎて交通費が高額な場合は不採用と
なることもあります

なので交通費が高額でも、企業からほしい人材と思われるような努力を
する必要があります。通勤時間が長い方は、仕事に関する本を読んで
長い通勤時間を勉強時間に変えているとアピールするのもよいでしょう。

その他

その他でも自己PRをすることができますので必ず書きましょう。
本人希望記入欄では「給料○○以上」、「残業10時間以下」などを
書いてしまうと担当者に悪い印象を与えてしまい、不採用となります。

給料のことを書くのではなく希望職種を書くようにしましょう。
希望職種を書く際も企業が応募している職種を書き、
なぜその職種を希望するのかを具体的に書くことが大切です。

志望動機の書き方

志望動機は企業ごとに書くのが基本です。手間がかかりますが1社1社自分で考えて企業にあった志望動機を書きましょう。

「なぜその会社でなくてはならないのか」、「なぜその業界・業種でなくてはならないのか」、また「その会社で具体的にやりたいこと」を書くことが出来れば完璧です。

そのためには充分な企業研究をする必要がです。
上場企業の場合は会社四季報を参考にし、経営状態、経営方針なども
知っておくことが大切です。また、新卒者の面接でカバンの中から
チラっと会社四季報が見えると担当者の見る目が変わるかもしれません。

上場していない会社でもインターネットで調べれば簡単に企業情報を
入手することが出来ますので、自分の経験やスキルなどをあわせて
志望動機を書いていきましょう。

あなたがこの会社でなにができるのか、どのようにして貢献できるのかを
見つけることが出来ればそれが志望動機になっていくはずです。

そして、志望動機に説得力を持たせるには裏付けが必要です。
裏付けはあなたの経験したことやエピソードなどを盛り込み
熱意や意欲をアピールすることによってよりいっそう説得力が増します。

人気のある企業には毎日たくさんの履歴書が送られてきます。
担当者も日々の業務が忙しいのでサッと目を通すだけという事も少なくありません。
だからこそ少しでも印象に残る志望動機を書き、担当者に
「会ってみたい。話がしたい」と思わせる必要があります。

職務経歴書の書き方

書類選考を通るための職務経歴書の書き方

履歴書の構成を考えるまず書類選考を通過しなければ転職の道は開けません。転職活動でまず始めに通過しなければならないのが書類選考です。

本来であれば合格する能力があるのに、職務経歴書の質が低いために書類選考で落とされてしまうことはよくあることです。
転職で成功するために、まず職務経歴書をしっかり作ることからはじめましょう。

人気のある企業には毎日多くの職務経歴書が送られてきます。
人事担当者も、忙しく職務経歴書はサッと目を通すだけという事も少なくありません。

だからこそ少しでも印象に残る書き方をし、
人事担当者に「会ってみたい。話がしたい」と
思わせなければ面接のチャンスすらつかむことはできません。

そこで多くの職務経歴書のなかで、人事担当者に
よい印象を残すためのポイントを4つ紹介します。

重要な経歴は太字に

自分の一番自信のある経歴を太字にすることで、
人事担当者にも印象に残りやすく、見た目にもわかりやすくなります。

太字にしていると、面接時でも太字にしている経歴のことを聞いてくるはずです。
なので事前に答えを用意しておけるというメリットもあります。

経歴は短く、経験した業務は細かくわかりやすく

履歴書を書く職務経歴書は、時系列に沿って、又はプロジェクトごとに書いていきます。業務の概要、具体的な内容、プロジェクトの人数、自分の役割などを書くとよいでしょう。

関わったプロジェクトは特に細かく書くことが大事です。そして、わかりやすく書くことです。同じ業種の方でも他人の業務内容は案外わからないものです。

ついつい専門用語を使ってしまいますが、
職務経歴書を見る人事担当者が専門用語に詳しいとは限りません。
誰が読んでも理解できるように書くことが人事担当者に読まれるコツです。
実績は具体的に書き、数値を盛り込むことでより効果的

業務の中で自分自身がどのように考え、どのようなスキルを身につけたか。
また、その業務での経験から学んだことや、
周りから得た評価や実績などを具体的に記述しましょう。

ポイントは数字で表せるところは数字で表しましょう。
たとえば、営業職ならば、売り上げ数や
売り上げ目標の達成率、社内順位など
数値を盛り込むことでより具体的になり効果的です。

職務経歴書は見た目も大事!

万年筆最初にも言いましたが、人気のある企業は応募数がかなり多いために人事担当者もすべてを時間をかけて見ていません。

その中で、人事担当者の目を引き付けるためには見やすくすることが大切です。せっかくいい内容の職務経歴書を書いても、読んでもらわなければ意味がありません。

職務経歴書の書き方は自由な場合が多いので、冒頭部分に要約を入れたり、
職歴を箇条書きにしたりすると一段と見やすくわかりやすくなります。

また、職務経歴書に表やグラフを入れる人はなかなかいませんので、
人事担当者の目に付きやすくなります。

あとは文字の大きさやレイアウトがきちんと整っているか、
印刷がきれいにできているか、誤字脱字はないかなど、
細心の注意を払ってチェックしてから提出しましょう。

それでも自分の職務経歴書が心配な方は
転職支援サービスのキャリアアドバイザーに相談するとよいでしょう。

転職のプロにチェックしてもらうことで
あなたの職務経歴書は間違いなく充実した内容になるでしょう。

また、履歴書についても同じように
キャリアアドバイザーにチェックしてもらいとよいでしょう。
履歴書・職務経歴書の1番の目的は、
書類選考を通過し、面接へ進むことです。
面接に進まなければ転職への道は開けません。
面談風景人事担当者に会ってみたいと思わせるような質の高い職務経歴書を作って書類選考通過を目指しましょう。

私はパソナキャリアのキャリアアドバイザーに履歴書・職務経歴書をチェックしてもらい、アドバイスを受けたことで履歴書・職務経歴書の出来がすごく良くなり、これなら書類選考に通ると確信しました。

履歴書・職務経歴書をチェックしてもらいたい方は
パソナキャリアがオススメです。

円満退社のための退職届の書き方

退職願を書く

あなたが退職を決意したら、まず退職願を準備する必要があります。しかし、ただ退職願を提出するだけでは退職手続きが完了するわけではありません。転職の前に、今の会社に退職することを伝えて、余裕をもって引き継ぎ業務をする必要があります。

退職願とは?

退職願とは会社に退職の意思があることを伝える書類です。
退職したいと上司に伝えるもので、その後に会社との話し合いを行い
双方納得すれば退職することができるわけです。
なので、上司に退職願を提出したからといって
退職が決定したわけではありませんので注意しましょう。

退職願は市販の白無地の便せんに手書き、縦書きが基本です。
その際黒の万年筆やボールペンを使って書きましょう。

退職願の見本

書き方のポイント

見出し

書き出しは、行の一番下から始めます。「私事」ではなく「私は」「私議」でもOKです。

退職理由

理由については「一身上の都合により」と書きます。特に退職理由を書く必要はありません。

退職日

退職日は必ず書いてください。年月日の表記は、西暦ではなく年号で記入します。

届日年月日

退職願を書いた日ではなく、上司に提出する年月日を記入します。こちらも年月日は年号となります。

所属部署名

自分の正式な所属部課名と名前を書き、捺印(認印でOK)も忘れずに押します。

宛名

宛名は、会社の最高責任者、つまり、社長の名前を書きます。社長の名前は、自分の名前より上になるようにバランスを取って書きます。 敬称は「殿」です。

退職願を書きあげたら、市販の白無地の封筒に入れて提出します。
封筒には、表に「退職願」と書き、裏には、自分の部署名と名前を記入します。

退職願を提出

あなたの退職する意思が決まったら退職願を提出します。
提出する相手は直属の上司です。もし直属の上司がいなければ
直接社長に提出します。退職願には退職日を忘れずに書くようにしましょう。
また、会社によっては退職願の書式が決まっているところがありますので
提出する前に確認してから、提出するほうがよいでしょう。

退職願を提出する時期

規定では、退職を申し出てから2週間経過すれば辞められることになっています。
しかし、普通は、会社の就業規則にのっとって提出時期を決めます。

就業規則は、ほとんど希望退職日の1~2カ月前までに提出するよう定められています。

引継ぎなどもありますので退職日の2ヶ月前くらいに、
上司に退職することを伝えたほうがよいでしょう。
それから、上司と相談して「退職願」を提出する時期を決定します。

退職願の提出方法

退職後を考える

退職願の宛名は社長ですが、提出する相手は直属の上司になります。ここを間違える方が多くいますので、間違えないでください。

まず直属の上司に、「お話したいことがあるのですが」などと持ちかけて直接上司に退職願を提出します。そのときに必ず退職理由を聞かれますので、あなたの本当の気持ちを上司にぶつけましょう。

本当の気持ちを言いにくい場合は「転職先が決まった」、
「実家の家業を継がなければならない」など
前向きな理由を答えましょう。

私の場合は「ボーナスがないので正社員になっている意味がない」、
「待遇が悪い」など本当の気持ちをぶつけました。これでかなりスッキリしました。
ここで本当のことを言わないと、残っている社員の待遇が改善されないと思ったからです。

また、上司は「待遇を改善する」など引き止めてきますが、退職を決意した以上は
強い態度で退職交渉したほうがよいでしょう。
もし気持ちが曖昧だと、説得されて退職できなくなるからです。
退職交渉の際は、退職の意思が固いことを上司に伝えることが大切です。

退職までにやるべき事

退職までにやるべきことを考える退職願いを提出して、退職日が決まったら、次に今やっている仕事の引継ぎに入ります。

後任者の仕事状況も考えながら、余裕のあるスケジュールで行いましょう。引継ぎ方法としては仕事の流れやマニュアルなどを作成しておくのが基本です。

マニュアルには、退職してから質問がこないように細かく書いておきましょう。
ある程度引継ぎが終わったら机やロッカーなど私物の整理や
会社の備品などを返却しておきましょう。
有給の残りも確認し、消化しておきましょう。

早めに転職先を探す

転職先を探す転職を希望する人は、在職中になるべく早く転職先を見つけましょう。もし転職先が決まってなければ、退職日の3ヶ月前には転職活動を開始しておいたほうがよいでしょう。

なかには、在職中は忙しくて転職活動ができないという方もいると思います。その場合は転職支援サービスを利用しましょう。

転職支援サービスでは転職のプロがあなたのキャリアにマッチした求人を
紹介してくれるだけでなく履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策まで
無料で支援してくれます。

私もリクルートエージェントとパソナキャリアに登録しました。
在職中だったので、面接の時間を19時スタートに調整してもらい
非常に助かりました。

転職を考えている方は転職支援サービスに登録して
在職中になるべく早く転職先を見つけましょう。

人材派遣会社とは

人材紹介・仲介においては、決まった人が短い期間で退職してしまうなどの失敗によって評価が悪化しますから、企業のメリット及びデメリットを全て正直にお伝えするのです。
ハローワークなどの場所では、色々な種類の雇用や経営についての社会制度などの情報が閲覧できて、近頃はかろうじて情報自体の対処方法も飛躍してきたように感触を得ています。
面接試験は、応募しに来た人がどんな人間性なのかを見抜こうとしている場ですので、練習したとおりに喋ることが必要だということはなく、真心を込めて伝えようとする態度が大切です。
転職で就職を目指すなら、派遣の仕事でもアルバイトでもいいので「職歴」を作っておいてさほど大きくない企業を狙い撃ちして個人面接を希望するというのが、原則の逃げ道です。
せっかく準備のステップから面接のフェーズまで、長い順序を過ぎて内定の通知を貰うまで到達したというのに、内々定が決まった後のリアクションを間違ったのでは振り出しに戻ってしまう。

じゃあ勤務したい会社はどんな会社?と質問されたら、どうも答えに詰まってしまうが、今の職場での不満については、「自分に対する評価が間違っている」と発する方が多数見られます。
転職を想像するとき、「今いる仕事よりも相当条件の良いところがあるだろう」みたいなことを、まず一人残らず考えをめぐらせることがあるだろう。
バリバリと仕事をやりながら転職のための活動をするケースでは、周囲の知人達に相談することそのものが難題です。離職しての就職活動に見比べて、打ち明けられる相手は非常に限定的な範囲の人になるでしょう。
まずは就職したい会社がリアルに正社員に登用してもらえる機会がある職場なのか違うのか判断して、登用の可能性を感じたら、一応アルバイト、派遣からでも働いて、正社員を目指していただきたい。
第一志望の会社にもらった内々定でないからといった理由で、内々定の企業への意思確認で考え込むことはありません。就職活動がすべて完結してから、首尾よく内々定をくれた会社から選びましょう。

転職エージェントや求人サイト

報酬や職務上の処遇などが大変よいものでも、仕事場所の状況が悪いものになってしまったら、再度他の会社に転職したくなる懸念もあります。
現時点で求職活動や転職するために活動している、2、30代の年代の親の立場からすると、安定した公務員や人気ある一流企業に入れるならば、最良の結果だと考えているのです。
有名な企業の一部で、数千人以上の応募者がいる企業では人員上の限界もあるので、選考の第一段階として出身大学で落とすことなどは度々あるようだから仕方ない。
外資系企業で就業している人はもう少なくはない。外資系企業に就職するというと、従前より中途採用のすぐに戦力となる人材を採用するような印象を受けたが、至近では新卒の就業に前向きな外資系会社も顕著になってきている。
会社というものはあなたに収益の全体を返してはいないのです。給与と比べてどれだけ早く(必要とされる労働)は、よくても働いた事の半分かそれ以下ということだ。

会社をやめて転職しよう

売り言葉に買い言葉を返して、「こんな会社いつでもやめてやる!」などといった感じで、我慢できずに退職する場合もあるが、これほどまでに巷が景気の悪いときに、興奮して退職することは非常に厳しい現実を迎えることになるでしょう。
本気でこのようなことがやりたいというコレと言ったものもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうとパニックになって、挙句の果てに一体自分が何をしたいのか面接で伝えることができないのでは困る。
もちろん上司が有能なら幸運なことだが、そうじゃない上司だった場合、いかなる方法であなたの能力を十分に発揮するのか、あなたの側が上司をうまく突き動かすことが必要になってきます。
内々定と言われているものは、新規学卒者に関する選考等の企業間の倫理憲章に、正式な内定を連絡するのは、たとえ早くても10月1日以降としなさいと定めているので、やむを得ず内々定という形式にしているのです。
面接の場面で意識する必要があるのは、あなたの印象。たった数十分程度の面接によって、あなたの一部しかわからない。結果、合否は面接を行ったときのあなたの印象に影響されるものなのです。

基本的に退職金と言っても、本人の申し出による退職であればその会社にもよるが、それほど多くの額は受け取れませんので、とりあえず再就職先から返事をもらってから退職するようこころがけよう。
自分自身についてうまいやり方で相手に話せなくて、今までに沢山後悔を繰り返してきました。これから自己判断ということに時間をとるのは、今更手遅れなのでしょうか。
転職というような、一種の最後の手段をこれまで何度も使ってきた経歴の人は、何となく転職した回数も増え続けるものです。そんな訳で、1社の勤続年数が短いということが目立ってしまうのです。
なんといっても就職試験の受験のための出題傾向などをインターネットなどを使って先に情報収集して、絶対に対策を準備しておくことが肝心。ここから各々の試験の概要とその試験対策について説明します。
第二新卒って何のこと?「新卒で就職したけれど短期間(3年以内)に離職した若者」のことを表します。近頃は数年で退職してしまう者が増加しているため、このような名称が誕生したと考えられます。

退職金はいくら貰える?正社員のみ?

退職金はいくら貰える?正社員のみ?

知っておきたいのは退職金であっても、自己退職であれば会社によってそれぞれ違うけれど、基本的に解雇と同じだけの額は支給されませんので、何はともあれ再就職先から返事をもらってから退職するべきだ。
アルバイト・派遣社員として獲得した「職歴」を武器に、様々な企業に面接を何度も受けに行ってみましょう。要するに就職も天命の側面が強いので、面接を多数受けることです。
電話応対すら、面接試験のうちだと認識して応対しましょう。反対に言えば、その際の電話の応対や電話のマナーが認められれば、同時に評価も上がるのです。
どうしてもこんなことがやりたいというコレと言ったものもないし、どれもこれも良さそうと思い悩むあまり、結局は本当は自分が何をしたいのか面接で担当者にアピールすることができないのだ。
第二新卒については、「学校を卒業して就職したけれど約3年以内に離職した若者」のことを表す言葉なのです。このところ早期に退職してしまう者が増加傾向にあることから、このような新しい名称が誕生したと聞きました。

正社員になる為には

正社員になる為には

応募先が実際に正社員に登用する気がある企業なのかそうでないのか見定めたうえで、可能性を感じたら、とりあえずアルバイトやパート、派遣などからでも働く。そして正社員になることを目指すのもいい方法だ。
恐れずに言うと就職活動中なら、自己分析ということをやっておくと有利と助言されて分析してみたけれど、正直言ってこれっぽっちも役に立たなかったということ。
当座は要望する企業ではないのでしょうが、いま求人中のその他の会社と比較してみて、多少なりとも魅力的だと感じる部分は、どの辺りにあるのかを検討してみましょう。
就職試験の場面で、応募者によるグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を組み込んでいるところは最近多いです。これは面接だけでは見られない性質を調査したいというのが最終目標でしょう。
「自分が現在までに養ってきたこんな素質やこんな特性を活用して、この仕事をやりたい」といったように自分と繋ぎ合わせて、ついにその相手に妥当性をもってやる気が伝わるのです。

ネットで就職

就職面接の場面

就職面接の場面で緊張せずにうまく答えるということができるようになるためにはけっこうな実践が要求されます。ところが、本当の面接選考の経験が十分でないと特別な場合以外は緊張する。
基本的に退職金については、言わば自己都合での退職ならばその会社にもよるが、一般的に全額は支給されません。だから何よりもまず再就職先をはっきり決めてから退職してください。
伸び盛りの成長企業だからといって、変わらず将来も問題ない、まさか、そんなわけはありません。ですからそういう箇所については慎重に情報収集するべきだ。
一度でも外国資本の企業で勤めていた人の多数派は、元のまま外資のキャリアを保持する流れもあります。つまるところ外資から日本企業に勤務する人は前代未聞だということです。
なんといっても就職試験の過去の出題傾向などを問題集やインターネットなどを使って前もって調べておいて、対策をしておくことが最優先です。では個々の就職試験についての要点及び試験対策について案内します。

まずはそこが果たして正社員に登用する制度がある企業なのかそうでないのか調査した上で、可能性を感じるのであれば、一応アルバイト、派遣などとして働いてみて、正社員になることを目論んでも良いと思います。
企業説明会から出向いて、記述式試験や何回もの面接と歩んでいきますが、それ以外にも具体的なインターンシップや同じ学校の卒業生を訪問したり、採用担当者との面接による等の作戦もあります。
外資系企業で仕事に就いている人は決して珍しくはない。外資系企業といったら、ちょっと前までは中途採用の即戦力となる人材を採用するような印象を受けたが、ここへ来て新卒社員の採用に好意的な外資系も目を引くようになっている。
面接には、盛りだくさんのケースが存在するので、このページでは個人面接と集団(複数の応募者が参加するもの)面接、合わせてこのところ増えているグループ討論などを核にして伝授しているので、手本にしてください。
公共のハローワークの引きあわせを受けた際に、その職場に就職できることになると、色々な条件によって、そこの会社より公共職業安定所に対して仲介料が払われていると聞く。

退職のデメリット

売り言葉につい買い言葉という感じで、「こんなところ直ぐにでも退職してやる!」などといった感じで、むきになって離職することになる人も存在するけど、不景気のときに、短絡的な退職は恐ろしい結果を招きます。
「素直に本当の気持ちを話せば、商売替えを決めた最大の動機は給与の多さです。」こんな場合も聞いています。有名な外資系IT企業の営業関係の30代男性の方のエピソードです。
就職試験において、応募者同士のグループディスカッションを組み込んでいるところが多くなってきている。これによって面接だけでは見られない性格などを観察するというのが狙いです。
はっきり言って就職活動の当初は「採用されるぞ」と本腰を入れていたのだが、毎度毎度悪い結果ばかりが続いて、最近ではすっかり採用の担当者に会うことでさえ恐れを感じて怖気づいてしまいます。
いわゆる企業は社員に対して、どの位得策な条件で雇用契約してくれるのかと、どれほど早期の内に会社の具体的な収益アップに連なる能力を出してくれるのかだけを待ち望んでいます。

具体的に言うと運送の仕事の面接試験を受ける場合、せっかくの簿記1級の資格について伝えても一切評価されないけれど、逆に事務職の試験の場合は、即戦力をもつとして評価されるのです。
大人になっても、正しい日本語や敬語を使えている人はむしろ少ないのです。というわけで、社会人なのであればただの恥とされるだけなのが、面接で間違えると決定的な場合がほとんど。
本当のところ、日本の秀でたテクノロジーの大半が、大企業ではなく、いわゆる中小企業の町工場で生まれているのだ。報酬および福利厚生についても十分であったり、順調な経営の企業だってあるのだ。
快適に作業を進めてほしい、少々でも良い条件を割り振ってあげたい、優秀な可能性を発展させてあげたい、ステップアップさせてあげたいと企業も考えています。
いかにも覚えのない番号や通知なしで着信があったりすると、心もとない心持ちはわかりますが、ぐっと抑えて、初めに自らの名前を名乗るべきでしょう。